隣家の痕跡

「ある」と思っていたものが永遠ではない。

ふとそんな気づきに出会う。

あたりまえに 「ある」と思っていただけに、不意に無くなると何があったのか思い出せない。

あたかも瞬きをした瞬間に、消えてしまったかのような。

そこにはただ影がついているだけ。

路上観察の第一人者 赤瀬川原平先生いわく、これは「被爆タイプ」のトマソン。

放射性物質汚染対処特措法とは無縁の、思い出メルトダウン。


2012年06月09日 08:40

隣家の痕跡 Comments

  1. 桑原 翼 のコメント:

    初めまして!
    先日、ギャラリーバラージでの展示を
    観させて頂きまして、
    このサイトを覗かせていただきました(^^)
     
    この‘隣家の痕跡’シリーズ、
    すっごく良いですね!!!
     

Add a Comment




Related Posts




Copyright © 2009-2017 suruga x photo All rights reserved.