すみよしポンプ

sumiyoshi14_r

浜松市中区住吉5丁目にある、なにやらレトロでモダンな建物。

普段は見ることのできないこの建物ですが、

桜の季節に合わせて一般公開されていたので見学に行ってきました。

ここは旧住吉浄水場ポンプ室。

sumiyoshi02_r

水道をひねれば水が出る、今の当たり前の暮らしを浜松にもたらしたのが、

1931年(昭和6年)にこの住吉浄水場が造られてからのこと。

sumiyoshi03_r

洗い出し仕上げの外壁に、素敵な漆喰のレリーフが入っています

洋風デザインは近代化の象徴だったのでしょう

sumiyoshi04_r

装飾をあしらったアーチ状の正面玄関

sumiyoshi11_r

モザイクタイル

細部のデザインが素敵です

sumiyoshi01_r

内部はタイル張りで、ポンプが並んでいます

sumiyoshi06_r

ポンプの操作盤

sumiyoshi07_r

1982年に役目を終えて、今は文化財として残っています

sumiyoshi08_r

これがポンプです

sumiyoshi05_r

見れば見るほどデザインされています

sumiyoshi10_r

玄関にはまったステンドグラスは、松を幾何学的に図案化しています

sumiyoshi09_r

繊細なサッシには手延べガラス

今では出せない趣きがあります

sumiyoshi12_r

楕円のマンホール

sumiyoshi15_r

こちらは隣接する配水池の塔屋で、やはり素敵なデザイン

こちらの配水池は今も現役です

「水」の当たり前に感謝


2016年04月24日 16:04

Add a Comment




Related Posts




Copyright © 2009-2017 suruga x photo All rights reserved.