薫風WAVE

 

薫風に誘われて、新緑まぶしい本山の茶畑へ。

安倍川流域の茶園は「本山(ほんやま)」と呼ばれ、「本山茶」は古く徳川家御用達のお茶として発展してきました。

香り高く、こくのあるおいしいお茶です。

鎌倉時代からここ本山で始まったお茶栽培。

静岡茶の原点と言われています。

生命力。

透き通る黄緑色の新芽。

静岡弁で言うと「みるい新芽」=「みる芽」。

一芯二葉を丁寧に手摘みしていきます。

根気のいる作業です。

一芯 = 芽 = うまみ(アミノ酸)

二葉 = 若葉 = 渋み(タンニン、カテキン)

最高級の手摘み本山茶。

緑萌ゆる茶園は、静岡のグッドデザインです。

 


2011年05月14日 13:32

2 Comments

  1. Bun のコメント:

    美しいです!
    最後の写真をじっと見てると達磨に見えなくもありません。
    緑の芸術ですね。

  2. admin のコメント:

    > Bunさん

    達磨に見える、、、確かに!
    気づきませんでした。さすがです。

    何に見えるかで「茶園占い」ができるかも??

Add a Comment




Related Posts




Copyright © 2009-2017 suruga x photo All rights reserved.